| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
いけない
ルージュ
マ ジック


どうしてわたしは
よく知らない人と
キスをしたり抱き合ったりできるんだろう

あたまがおかしくなる
00:57 - comments(0)
こんなときは
仕事を心の底から辞めたくなる

自分で望んで選んだ仕事だからこそ
嫌なことは本当に嫌だ

そういうときに自分の感情が剥き出しになって
当たるべきではないところに当たり散らす
こんなことをする為に仕事してるんじゃない

毎日ひとの排泄物を見て
家族でさえも誰だかわからなくなったひとに叩かれてつねられて叫ばれて
腰は常に悲鳴をあげるようになって
上司と同僚の仕事の出来具合に余計に苛ついて
なにがなんだかわからなくなるのはこっちだ
泣きたくなる

でも
そんななかでも
あたしを必要としてくれるひとがいて
言葉にしてくれるから
笑ってくれるから
そんな顔を見たくて明日も家を出るんだ

よくわからん
なんのために仕事をしているのか
ほかにもしたい仕事は実はあったりするし
この仕事に執着する理由はなんだろう

あたまがいたい
03:49 - comments(0)
しずく
皆から自分という人間を決め付けられるのは、恐ろしいことです



読んでいる短編集にて
刺さるように響いたこと

自分
ってだれなんだ
わたしが思っている「私」と
周りの人ひとりひとりがわたしに対して思う「私」は
多かれ少なかれ誤差はあるとおもう

あなたがおもう「私」は
一体どんなひとですか
無駄に前向きでサバサバしている「私」でしょうか
黒い感情が渦巻いてるのにひた隠しにして愛想笑いが張り付いた「私」ですか
知識を最大限に我が物顔で振り撒く「私」ですか
あまり感情を出さずにただ話を聞いているだけの「私」てしょうか

それぞれの「私」がいるんだろうね
ひとりひとりに見せる顔が違うんだろうね

ああ、もう
めんどくさい





そいえば
ある漫画の最終刊でもこんな話あったな
03:30 - comments(0)
<< 2/39PAGES >>